Home  >>  岡山自慢

 岡山のいいとこ紹介します

岡山で楽しむ

南は瀬戸内海、北は中国山地に挟まれた岡山県は、豊かな自然に恵まれています。
本州と四国に挟まれた穏やかな瀬戸内海では釣りや海水浴、高原でのパラグライダー、
県北では雪山でのウインタースポーツや源泉かけ流し風呂、随所での古民家・旧跡めぐりなど四季折々で多彩な行楽を楽しめます。
年齢・性別関係なく、楽しめるスポットがいっぱいです。

江戸時代幕府の直轄地として栄えた「倉敷美観地区」
「白壁の町」、「文化の町」として有名な倉敷エリアは、江戸時代、天領として栄えました。倉敷川の挟んだ町並みは、古き良き日本建築の味わいを色濃く受け継いでいます。白壁の屋敷、町の建築様式に息づく江戸の様相、倉敷川沿いの柳並木といった倉敷の象徴的な風景を眺めつつ、日本最古の私立西洋近代美術館である大原美術館をはじめ、民芸館、考古館、郷土玩具館など、文化的施設などを訪ね歩くのはいかがでしょうか。
そぞろ歩きをしていると、裏路地では隠れた名店やオブジェなど発見できること請負です。
自分だけの「倉敷」を探しに、ぜひ一度お越しくださいませ。


岡山で観る

瀬戸大橋は、岡山県と香川県を直結する本州四国連絡橋のひとつで、本州と四国を結ぶ世界最大級の橋です。
瀬戸内海の優美な多島海の真ん中を通るため、美しい景色をながめながらのドライブ、ツーリングなど人気があります。また、日没後は定期的に橋がライトアップされ、優雅でロマンチックな雰囲気が楽しめます。
色鮮やかな岡山の大自然は見どころ満載です。

自然の里山が残る「吉備路」
岡山北西部から総社市にかけて広がる一帯の地域を示す、古代「吉備の国」と呼ばれていた吉備路周辺。
なだらかな松林を背景にした田園の連なる一帯に建つ五重塔は、いにしえの姿をそのままにとどめており、吉備路のシンボルとなっています。備中国分寺跡、備中国分尼寺跡、こうもり塚古墳、造山古墳と合わせ、神社と古代ロマンが感じられる場所です。
吉備路サイクリングロードでは、約21kmの道なりを自転車で走行しながら四季折々の景色をも楽しめるスポットです。


岡山で食べる

岡山では、瀬戸内海で獲れた海産物と、内陸の安定した気候のもと育まれた農産物が味わえます。
手間暇かけて作られている農産物について紹介させてください。
岡山在来種の「朝日米」は、日照時間が長く温暖で、台風が少ない気候である岡山の自然に適したお米です。
食感は適度な粘りとしっかりしたコシをもち、味はスッキリした上品な甘みが特徴です。
その朝日米を「奇跡のリンゴ」で知られる木村秋則さん監修のもと「木村式自然栽培」で収穫しました。 木村式自然栽培とは、青森県のりんご農家、木村秋則さんが長年の歳月をかけて完成させた農法です。 稲の生命力をとことん引き出したので、つやつやと美しく、とてもおいしいご飯に炊きあがります。
また、岡山ではオリーブ栽培も盛んです。県南の牛窓町では、海に面した丘陵地を利用した広大なオリーブ畑を見ることができます。オリーブは食用としての利用はもちろん、上質なスキンケア用品として加工された商品が販売されています。
これ以外にもご紹介したいものは多々あります。ぜひ、晴れの国「岡山」で育つ食についてご探索くださいませ。

豊富な果物・農作物がいっぱい「果物王国」
岡山は降水量1ミリ未満の日が日本で一番多いため、「晴れの国」と呼ばれています。太陽の恵みをたっぷりあびて、色合い・果汁・甘み・糖度などあらゆる面で絶品なフルーツは育ちます。岡山は白桃、マスカット、ピオーネの生産量が全国一位で、品質においても全国指折りの評価を受けています。
なかでも、岡山を代表する桃の品種といわれている清水白桃は優美な甘さととろける舌触りが特徴です。一度食べると忘れられない味になること間違いなしです。倉敷本舗では岡山育ちのフルーツを使用したゼリーやアイスクリーム、なんと桃のコロッケなどもご購入いただけます。


page top